多摩フィルハルモニア協会
Tama Filharmonia Association

本文へジャンプ

Filharmonia Tama
フィルハルモニア多摩

多摩フィルハルモニア合唱団
Tama Filharmonia Chor

オペラ多摩

Opera Tama


最新情報:

Update:2017/2/26






チケット予約 カンフェティ









魅惑のポーランド音楽をあなたに!

お蔭さまで大好評の内に幕を閉じました。
 以下反響です。

魅惑のポーランド音楽をあなたに!

2016年12月18日 立川市市民会館

演奏会評 ハンナ3月号



ポーランドの伝統的な和声や民族色を感じることができる、聴く人を飽きさせない内容であった。何より特筆すべきは演奏の「表現力」であろう。とにかく音の出だしが美しい。テンポや曲想の変化はときに美しく、ときに激しく見事なまでに自由自在。表現に全く迷いが無いのは、オーケストラや合唱を自在に操る卓越した指揮のテクニック、そして音楽への深い理解と解釈の両方を兼ね備えた今村氏だからこそ出せる音だろう。こんなヨーロッパ的で多彩なサウンドのするオーケストラがある事にとてもうれしさを感じた。ポーランドの音楽を日本の観衆に、その魅力が存分に伝わる圧巻のクオリティであった。クリスマス前のひと時、会場が大きな感動に包まれたすばらしいコンサートだった。

(奥村伸樹)




ポーランドに行った事はないですが、ポーランド音楽に触れて、ポーランドの風景や時代背景を想像させてくれる素晴らしい演奏でした。

とても優雅で美しくて聴き惚れてしまいました。素晴らしかったです。

いつも内容に富んだ選曲でとても楽しませてもらっています。
弦、合唱、ピアノ、独唱など、それぞれの良さが輝いている素晴らしい演奏でした。
年の瀬の忙しい時期に忙しさを忘れる穏やかな時間を有り難うございました。

クリスマスキャロルはかわいらしい曲が多くステキでした。






素敵なポーランド音楽を有り難うございました。
楽しみました。音楽って素晴らしい!
シマノフスキの『スターバト・マーテル』素晴らしい演奏で聴かせていただき感動しました!



全体的に静かにしんしんと雪が降り積もる様な・・・
聴きながら瞑想するような心象で、独特で、新鮮でした。有り難うございました。

ポーランドの音楽をたっぷり楽しませていただきました。
哀愁と歓喜が曲ごとに深く感じられ、ポーランドの景色が浮かぶようでした。
初めて聴く『ポーランドの求愛』序曲の始めのチェロ、クラリネットの音が胸に響きました。
『クリスマスキャロル』は初めて聴くキャロル、愛らしく楽しく聴きました。
『スターバト・マーテル』は圧巻、素晴らしい演奏で感動いたしました。

今まで聞いた事のない響きに刺激を受けました。素晴らしい演奏有り難うございました。

このような本格的な演奏会は初めてでした。
なんだか家族に会いたくなりました。有り難うございます。

どの曲も初めて聞きましたが大変楽しめました。
混声合唱よかったです。ピアノ楽しそうでよかったです。



ヴィトルト・ルトスワフスキ『パガニーニの主題による変奏曲』がとても楽しい気分になりよかったです。
初めて聴く曲ばかりで、新たな発見ができました。

『ポーランドの求愛』ポーランドの自然を感じさせる、印象的なメロディーも沢山あり、楽しめる良い曲だと思います。
『クリスマスキャロル』大人と子供の声がよく混ざり合い一体となって、イエス誕生を讃える柔らかい雰囲気が出ていて良かった。
『パガニーニの主題による変奏曲』面白い曲。
『スターバト・マーテル』悲しみの聖母がそのまま心に沁み込むような演奏でした。
ポーランドの雰囲気を堪能しました。有り難うございました。

素敵なコンサートでした。プログラムが良かったです。

あまり聴く機会のない曲を聴く事ができて楽しい時間でした。

よく知らないまま来たが、どの曲も素晴らしかった。
ひとつひとつの楽器の音がよくわかり良かった。

ピアノ独奏はオケとよくマッチして素晴らしかった。

前半の曲もステキでしたが『スターバト・マーテル』にはとても引き込まれました。とても心豊かな時間を過ごす事ができました。
ピアノ、各パートの音色に感激しました。

指揮に見とれてしまいました。とてもわかり易い。
全体的に音がとてもキレイで癒されました。

どれも初めて聴くものばかりでした。美しいメロディーと歌声に癒されました。有り難うございました。
未だ日の目を見ていない楽曲は沢山あると思います。楽しい曲をまた紹介してください。

1、良い曲でした。チェロの導入部がきれいでした。
2、面白い曲でした。ハーモニーが面白かったです。
3、さすがルトスワフスキという曲でした。ピアノ良かったです。ピアニストの衣装がフィットしていました。
4、やはりメインの曲が一番良かったです。合唱の響きが素晴らしかったです。オケも良かったです。美しい曲でした。情景が伝わってくる演奏でした。

音楽の地のポーランド音楽、ずっと興味があったので演奏会に来ることが出来て良かったです。とても素敵でした。

ピアノ独演曲が良かったです。アレンジが楽しかった。
混声合唱が素晴らしかった。

フルートとても素敵でした。合唱が迫力があって素晴らしかったです。

ポーランドの音楽はあまりなじみがなかったのですが、これをきっかけに楽しんでみたいと思いました。







魅惑のポーランド音楽をあなたに!

2016年12月18日(日)14:00開演

たましんRISURUホール・大ホール
(立川市市民会館)

音楽監督・指揮:今村 能

管弦楽:フィルハルモニア多摩


ノヴォヴィエイスキ:「ポーランドの求愛」

(チェロ四重奏で始まる「ベートーヴェン賞受賞作」)


ルトスワフスキ:クリスマス・キャロル


「東大和少年少女合唱団」

 「多摩フィルハルモニア合唱団」 



ルトスワフスキ:パガニーニの主題による変奏曲

Pf.独奏:栗原美穂


シマノフスキ:スターバト・マーテル

22世紀に残したい世界遺産

ポーランドで最も愛されている不朽の名作

独唱:津山恵、石井真紀、
増原英也

多摩フィルハルモニア合唱団




20世紀に名声を博した偉大な指揮者による何百という録音の中にも、

シューベルト 「未完成」

シマノフスキ「スターバト・マーテル」


20世紀に名声を博した偉大な指揮者による

何百という録音の中にも、

これほどのものを見出す事はできないだろう! (20003)

ウッチ・フィルハーモニーのアンジェイ・ヒョルスキに捧げた教会での追悼コンサート。ポーランドのバリトン歌手の王者に敬意を表し、二つの不朽の名作が選ばれた。指揮は日本を代表する今村能。多くのコンクールの受賞者でもある彼が我々に聴かせてくれたのは、「未完成」の名で有名なシューベルトの交響曲第8番ロ短調の、前代未聞のオリジナルな解釈であった。

 今村能は、絶妙に美しく哀しい、思慕と底知れぬ神秘と感動に満ちた歌を聴衆に聴かせた。これほどまでに人々の心をとらえた第1楽章、言うなれば全く「完成」した演奏を、私は今まで聴いた事が無い。20世紀に名声を博した偉大な指揮者による何百という録音の中にも、これほどのものを見出す事はできないだろう!

 このはるかに緩やかなテンポ設定は同様にシマノフスキ:「スタバト・マーテル」の演奏でも引き続き採用された。歌手が一息で歌いきることができる限界までフレーズを引き伸ばしたことで、全く驚くべき、活き活きとした表情と、創造を絶するほどの霊感に満ちた美しさを得た。

アンナ・イジコフスカ・ミラノヴィチ [ポーランド、ウッチ通信 2000.3.14.]  翻訳:平岩理恵

した表情と、創造を絶するほどの霊感に満ちた美しさを得た。

アンナ・イジコフスカ・ミラノヴィチ [ポーランド、ウッチ通信 2000.3.14.]  翻訳:平岩理恵






多摩フィルハルモニア合唱団


合唱団員募集中


お問い合わせ:多摩フィルハルモニア協会




多摩フィルハルモニア協会

フィルハルモニア多摩 (多摩地域のためのプロフェッショナル・オーケストラ)

多摩フィルハルモニア合唱団 (音楽愛好家による混声合唱団)



音楽監督:今村 能   スーパーヴァイザー: 秋山理恵、牧野正人

フィルハルモニア多摩 企画委員長:廣木 睡

多摩フィルハルモニア合唱団 指揮者:今村 能

多摩フィルハルモニア合唱団 インスペクター:山本由美子


演奏業務部長(ステージマネージャー):穂苅竹洋
(有限会社 アイジャックス所属)






音楽監督:今村 能 Chikara Imamura


カラヤンが見い出した希有の才能 世界のオペラ舞台でも活躍

2013年 ポーランド文化功労者

 2013年ウィーン・ムジークフェラインで「第9」を指揮。同年ポーランド文化国家遺産大臣より「ポーランド文化功労章」叙勲。今までにベルリン・フィル、ミラノ・スカラ座管、ウィーン・フィル木管アンサンブルを指揮。カラヤン、フェラーラ、ホルヴァート、小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、高階正光各氏に師事。'77年カラヤン・コンクール・ジャパンに入賞。ベルリン、ザルツブルク、ウィーン、ミラノで研鑽。'80年ミラノ・カンテッリ国際指揮者コンクールでベスト4。'83年フィテルベルク国際指揮者コンクール優勝。「第9」を指揮して西欧デビュー。ドイツ、イタリア、北欧、中欧の一流の交響楽団を数多く指揮。読売日本交響楽団、NHK交響楽団、新日本フィル、大阪フィル等に客演指揮。オーケストラ・アンサンブル金沢専属指揮者、東京ハルモニア室内オケ常任指揮者を歴任。'99年よりポーランド国立大劇場指揮者、ベルリン、ザルツブルク、プラハ、アムステルダムでも指揮して好評。'02年よりポーランド国立歌劇場常任指揮者。ワルシャワ響ドイツ公演、リトアニア国立響定期、イタリア・スポレート歌劇場、日本の新国立劇場に登場。東京室内歌劇場指揮者会員、国立音楽大学非常勤講師(指揮法)、多摩フィルハルモニア協会音楽監督、日本ルトスワフスキ協会会長。

今村能公式サイト